害虫による病気|ペットに近づく害虫たちをシャットアウト!アドボケートで徹底駆除

ペットに近づく害虫たちをシャットアウト!アドボケートで徹底駆除

手のひらの薬

害虫による病気

白い錠剤

アドボケートはさまざまな害虫に対し、高い駆除効果を発揮してくれます。
特にノミやダニ、フィラリアはペットたちの大敵とも言える害虫です。
ノミ・ダニは皮膚上に寄生する外部寄生虫で、動物の血を吸いながら活動します。
血を吸われた箇所が痒くなるほか、大量に繁殖してしまったノミ・ダニから一斉に血を吸われてしまうと貧血や栄養失調の原因にもなります。
当然痒みも増し、掻きむしることで皮膚が傷つく恐れもあります。
そこから炎症を起こすなども考えられますので、もしペットが身体中を痒そうにしている場合はノミ・ダニの存在を疑った方がいいかもしれません。

そしてもうひとつ、ペットを飼ううえで注意しておきたい害虫がフィラリアです。
これはペットの体内に寄生する内部寄生虫で、主に心臓付近の血管に寄生します。
フィラリアは蚊を媒介にして寄生するのですが、その頃はまだ幼虫の段階です。
しかし、ペットの血管内でどんどん成長し、やがては人間の肉眼でも容易く目視できるほどのサイズにまで成長してしまいます。
そんな大きさの寄生虫が血管内で成長してしまうと、当然血管はつまり、血流は悪化してしまいます。
これによって重度な症状が出てしまうほか、急死につながるケースもあるのです。
呼吸困難や血尿、高頻度での咳などが見られる場合、もしかしたらフィラリアがすでに寄生している可能性もあるので注意しましょう。

小さな小さな害虫たちですが、どれも大きな症状の原因になりかねません。
放置していてはどんどんペットへの負担も大きくなってしまいます。
そこで、事前にアドボケートを準備しておき、いつ症状が出てもすぐ対処できるようにしておくべきなのです。